今すぐお金貸して!そんな人にオススメの即日融資カードローン

お金貸して!

今すぐにでもお金貸して!

そんな方の為に、特に融資までのスピードが早いカードローンをランキング形式でご紹介します。最短即日は当たり前、早くお金を貸してくれるところだと最短1時間というのもあります。ぜひ参考にしてみてください。


プロミス
300 × 250
利率
4.5%~17.8%
コメント
プロミスは審査回答が早く、最短1時間で融資が可能です。他の消費者金融は最短即日をアピールしていますが、プロミスはさらに早い最短1時間です。

スピードで選ぶなら断然プロミスです。

もちろん、スピードだけでなく金利についても他社消費者金融よりも優れています。

初めての方なら30日間無利息なのも大きなメリットです。少額の借入で次のお給料日に返済できる場合、金利は1円も払う必要がありません。

上限金利も17.8%ですので、当サイトで紹介してる他社の18.0%よりも安く金銭面でも優位性があります。

その他、プロミスの強みとして、ローン契約機の設置台数が1800台以上(三井住友銀行の契約機を含む)あり、ネット申し込み後、スグに契約機にアクセスできるという点が挙げられます。

三井住友銀行のローン契約機でも契約が可能で、銀行のローン契約機のほうが消費者金融のローン契約機よりも周りの目を気にせずにお金を借りることが出来、とても好評です。

15時以降、銀行業務が終わった後の銀行は一般のお客さんも少ないので、こっそりお金を貸してほしい人にもお勧めです。

どこからお金を借りるかか迷っている人は、とりあえずプロミスを選んでおけば無難だといえるくらい、総合力の高いサービスです。

当サイトで圧倒的人気NO.1のカードローンです。

※30日間無利息でのご利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※プロミスで早くお金を借りる方法、バレずにお金借りる方法

ネット申し込み後、ローン契約機へGO

瞬フリでお金を借りるのが難しい人であれば、この方法が一番ベターです。振込での融資を希望している場合、銀行の営業時間外であれば、お金は翌営業日の振込となりますが、ローン契約機であれば、9:00~22:00まで契約可能です(※一部21時の契約機もあります)。契約が完了すれば、その場で融資を受けることが出来ます。

先ほど説明しましたが、三井住友銀行のローン契約機(9:00~21:00 ※契約機により営業時間、休日が異なります。)も使えますので、周囲の目も比較的気にならないでしょう。その場で契約完了する為、自宅への郵送物などはなく、お金を借りたことが家族などにバレるリスクも少ないです。

瞬フリや振込融資も便利ではありますが、家族で共有の口座がある場合、振込名でバレてしまうリスクがあります。この方法はスピードだけでなく、お金を借りてもバレにくいという点でも、一番オススメの方法です。



アコム
利率
3.0%~18.0%
コメント
はじめてのアコム♪というフレーズ通り、初めてお金を借りる人は30日間無利息ですので、初めての方に大変人気があるカードローンです。また利息は利用日数分のみですので、お金を借りる際に利息を一番に気にされる方にオススメです。

ネット申し込みをすれば来店不要で審査回答は最短30分、もちろん即日でお金を借りることも可能です。こちらもお急ぎの方、今すぐお金が必要な方から人気があります。


SMBCモビット
300x250 オリコンバナー
利率
3.0%~18.0%
コメント
SMBCモビットは、最低金利が3.0%から借入が可能で、年齢満20歳~69歳の定期収入がある方なら、気軽にご利用いただけるカードローンです。最低金利が3.0%というのは消費者金融の中ではかなりの低金利水準で、銀行カードローンにも引けを取らない水準です。

それでいてお手続き方法はシンプルで、10秒で簡易審査結果表示、最短即日でお金を借りることも可能という消費者金融ならではの手軽さも兼ね備えたサービスです。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

※ちなみに、「10秒簡易審査」といっても、これは実際にお金を借りれるかどうかを調べる簡易的なシュミレーターではなく正式な事前審査なので、いい加減な情報を入力してしまうと審査に通らなくなるので注意が必要です。

SMBCモビットの申し込み方法は、2種類あります。

1.カード申し込み

カードが発行されるので、いつでも提携ATMでの借入や返済が可能です。14時50分を過ぎても、ローン契約機へ行けばカード発行、即日融資が可能です。お急ぎの方はこちらを選択しましょう。

2.WEB完結申し込み

こちらは三井住友銀行や三菱東京URJ銀行の口座を持っていることが条件になりますが、申し込みからお金を借りるまで、電話連絡・郵送物がなくバレにくい方法として人気があります。

デメリットとしては、振込での融資になるので、家族との共有口座の場合は振込名でバレてしまうリスクが高くなる点と、もう一つは、平日14時50分までに手続きが完了しなけば、即日融資を受けられない為、お急ぎの方には向いていないという方法とも言えます。



アイフル


利率
4.5%~18.0%
コメント
アイフルは業界でも大手のカードローンですので安心して利用することが出来ます。

24時間申込が可能で審査完了までは最短30分というスピード感が魅力です。事前に融資の可否がわかる1秒診断も大変便利です。

無人契約でんわBOX「てまいらず」が全国に設置されていますのでネット以外でお金を借りる時にも大変重宝します。

アイフルではじめてのお金を借りる方なら最大30日間無利息になるのも嬉しいポイントです。


ブラックでもお金を貸してくれるところはダメ!

個人の金貸しや中小の消費者金融、闇金などはブラックでも貸してくれるということをウリにしていますが、絶対に利用してはいけません。

ブラックになってしまうというのは、やむを得ない事情があるケースもありますが、基本的には借りたお金を返済できないというのは何かしら支出に問題がある場合が多いです。

まずは間違った支出、無駄な支出を削ることを心がけましょう。

ブラックになっているということは、過去に何かの支払を滞納したり、もしくは返済が滞ってしまった証拠です。

「この人にお金を貸しても、帰ってくる確率が低い」となれば、当然、貸してくれる時の金利も高く設定されてしまい、取り立てもより厳しいものとなります。

ブラックになってしまう根本原因としっかりと向き合い、正しいお金の使い方、貯め方を学ぶことが重要です。

個人間融資の掲示板でお金を貸してほしい人は要注意

個人間融資の掲示板で、「お金貸してください」「お金貸します」といったやり取りが繰り広げられていますが、当サイトの見解としては個人間融資掲示板の利用は辞めた方がいいと考えています。

個人間融資ということは、本来貸金業を営むのに必要な国家資格「貸金業務取扱主任者」を持っていないことも多いでしょうから安心して取引することができません。

また個人融資掲示板には闇金業者なども紛れており、最初の貸し付けをきっかけにそれ以降、法外な利息を請求してくることもあるでしょう。

個人融資掲示板利用者の中にはまともな人もいるかもしれませんが、それを見抜くのは非常に難しいです。

個人融資掲示板の利用自体をお勧めしていませんが、特にやってはいけないのは銀行口座の情報を書き込むことと、直接会ってお金を借りることです。

銀行口座の情報を書き込んでしまうと勝手にお金を振り込んできて、利息を請求するという「押し貸し」という手口に引っかかってしまいます。

また直接会ってお金を貸したいという人も要注意です。特に女性は性犯罪に巻き込まれるリスクも少なからずあると理解しましょう。

消費者金融でお金を貸してほしい

消費者金融とは、貸金業法という法律に則って個人などにお金を貸す貸金業者です。

法律の見直しや企業の体質の改善などによって、内容も以前と比べるとクリーンに変わっています。また、サービスも充実しており、手軽にカードローンや振込みキャッシングなどができることで多くの利用者を持っています。

消費者金融でお金を借りる場合には、申し込みをしてその会社の審査を受けることになります。審査はその人の収入や勤めている会社などの個人情報と借入金額を返済してくれる人かどうかの信用情報で行います。

信用情報は、他社サービスでお金を借りているかどうか、借入がある場合には返済はスムーズか、さらに過去に金融事故を起こしたことはないかなどが見られます。消費者金融のキャッシングローンは無担保ローンであり、信用によって貸付を行っているので審査が非常に重視されます。審査はそれぞれの消費者金融が独自の方法で行っており、基本的に私たち利用者がその内容を詳しく知ることは出来なくなっています。

審査に通過すると、カードや振込みなどでキャッシングができるようになります。それぞれに合った方法でお金を借りたり、返済をします。借りられる金額は利用限度額として審査で決定されますが、利用状況が良好な場合にはその限度額がアップすることもあります。当然、悪ければ上がりませんし、カードローンの利用ができなくなることもあります。

・メリット

消費者金融でお金を借りる方法のメリットは、申し込みから審査を経て実際にキャッシングを利用できるようになるまでが、比較的早いことにあります。デメリットも後ほどお伝えしますが、デメリットがあってもなお、消費者金融カードローンに多くの利用者がいるのはこのスピードが主な理由です。

過去の貸し付けの実績と経験を生かした独自のノウハウで、それぞれの消費者金融がよりスピーディで快適なキャッシングライフのスタートを目指しています。消費者金融の審査のスピードは最短で即日、利用方法によってはその場で申し込みから審査、カード発行までできる場合もあるようです。自動契約機での手続きが終わればその場でお金を借りられることもあります。

また、消費者金融カードローンのメリットには柔軟さも上げられるでしょう。消費者金融の審査は比較的柔軟になっており、主婦や学生、フリーターでも安定収入があればお金を借りられることが多くなります。スピード同様、過去の実績からその人の信用情報を明確に分析できるためと言われています。

他のところでは審査が通らなかった場合でも、消費者金融なら通ったと言う人もいるようです。収入は返済がきちんとできるかどうかを計る重要なポイントとなりますが、それ以外の面もきちんと評価してもらうことができるため、収入が少なくてもお金を借りられるチャンスがあります。

審査には勤めている会社のチェックである在籍確認があり、基本的には自分の勤めている会社に消費者金融から電話が入ります。キャッシングを利用していることがバレるのではないかと、多くの人がこの審査の過程を嫌がります。

しかし、実際会社には消費者金融の企業名を名乗らないで掛けるため、電話を受けた人が知ることはありません。今では会社名を名乗らないことを怪しむ人もいるようなので、消費者金融では在籍確認の方法にも、融通を聞かせてくれることもあります。電話を使わずに書類の提出で行う在籍確認もあります。

また、消費者金融カードローンは、出先から利用しやすいという良さがあります。それぞれの消費者金融の独自のマシーンの他、銀行など金融機関のATM、コンビニATMなど多くの提携先を持っています。どんな場所でも近くにあるATMからキャッシングできるため、お金を借りたり返したりする際にも便利です。ただし、消費者金融によって提携先が違っており、使えるATMの多さは異なります。どの消費者金融からお金を借りるのかは、そのあたりも込みで検討するといいでしょう。

消費者金融でお金を借りるのはいまだに「怖い」というイメージを持っている人もいるようですが、銀行系と呼ばれている消費者金融なら安心して利用出来るかも知れません。最近では、多くの消費者金融が大手銀行の傘下に入っており、銀行の子会社やグループ会社として経営しています。

銀行系の消費者金融には比較的大手の会社が多いことも安心の材料となりそうです。ただし、銀行系のキャッシングローンは、銀行本体がやっている融資ではないので区別しておくことも大切です。あくまでもお金を借りる本体は消費者金融になります。

・デメリット

消費者金融には良いことも多いのですが、デメリットもあります。お金を借りられるもう一つの方法である銀行キャッシングと比較すると、そのデメリットが見えてきます。銀行と比べた時に、消費者金融の方が使いにくいと感じられるのは、金利の高さです。

消費者金融カードローンの金利はどちらかと言えば、法律の範囲内で高いパーセンテージを選択していることが多くなります。もちろん違法ではありませんが、利用者からしたら高い金利で利息がかさみ、返済が大変になるでしょう。

また、消費者金融の使いにくさとしては、貸金業法の総量規制の対象であることも挙げられます。総量規制では年収ベースで借り入れの利用限度額の上限が決められており、その範囲を超えて消費者金融はお金を融資することができません。

さらに年収ベースで利用限度額が決まるということで、自分に全く収入がない場合にはお金を借りること自体が出来なくなっています。そのため、収入のない専業主婦や退職をした人などは消費者金融でお金を借りることができないということになります。

メリット デメリット
・銀行よりも手続きがシンプルでスピーディ
・無利息期間があるところが多い
・少額融資に向いており、パートやアルバイトなど、安定収入があれば、比較的間口は広い
・金利水準が高め
・自動契約機を利用するときの心理的ハードルが高い
・総量規制があり年収の3分の1までしか借りられない

銀行カードローンでお金を貸してほしい

銀行のカードローンは、銀行本体がお金を融資するというものです。銀行はマイホームローンや自動車ローン、企業へのまとまった融資などさまざまなローンを行っており、その中の一つとしてカードローンやキャッシングローンがあります。

銀行のカードローンも消費者金融と同様に無担保ローンとなります。他の多くの銀行ローンは担保が必要となるローンですが、カードローンでは担保が必要ありません。そのため、やはり借り入れを申し込む場合には、個人情報や信用情報を元にした審査が行われます。

銀行のカードローンの審査も、基本的には消費者金融と同じように勤務先や年収などを基にして行われます。また、銀行もそれぞれに独自の審査方法を持っており、その詳しい基準やどのようにして審査を行っているか、などは明らかにされていません。

審査では在籍確認が行われますが、消費者金融と違って電話連絡をしないで書類のみの審査を行っているところは少ないようです。また、審査の期間には銀行によってばらつきがあり、スピーディな審査で即日融資が可能と言われているものから数週間程度かかってしまうものまでいろいろあります。

審査に通過すると、カードローン用のカードを受け取れ、お金を借りることが出来るようになります。また、場合によっては銀行のキャッシュカードでお金を借りれることもあります。銀行のカードローンも消費者金融のようにATMを使って行うことができます。

・メリット

銀行のカードローンはどちらかと言えば審査が厳しい傾向にありますが、それでもその条件の良さや銀行の持つ信頼によってお金借りたいと思う人は多いものです。銀行には安心感をもつ人が多く、良いイメージは依然として消費者金融が敵わない点です。

実際的な金利の面でも銀行カードローンは消費者金融よりも低く設定されており、同じ金額を同じ期間お金を借りた場合には、銀行の方が返済時の利息が比較的少なく済みやすいです。

また、銀行は貸金業法の対象外となっており、総量規制は関係ありません。そのため、たとえ無職の人でも借り入れを申し込むことができます。専業主婦などは消費者金融ではお金を借りることができませんが、銀行であればお金を借りるチャンスがあるのです。

また、消費者金融ではあまり歓迎されていない、配偶者貸付があることも多くなります。配偶者貸付制度は貸金業法で決まっている「配偶者の年収で無職の主婦でもお金を借りられる」というものですが、消費者金融で実際にこのシステムを利用できる会社はほとんどありません。

※総量規制とは?

総量規制は、貸金業法で定められたルールであり、年収の3分の一までしか貸付を行えないというものです。その人の借り入れ総額が年収の3分の1と言うことであり、他の会社からお金を借りている場合にはそれも合算されます。

このルールは消費者金融のみに適用されるもので、銀行で借り入れをしていても消費者金融の借り入れに関係することはありません。また、銀行ではこのルールがないため、審査次第で年収の3分の1以上の借り入れを行うことが可能です。

この総量規制はたくさんのお金を借りたい人からは忌み嫌われがちですが、実際には過剰な借り入れを防いで債務超過にならないために設けられた、いわば消費者を守るルール溜めのルールです。また、銀行では総量規制はないものの、実際には年収などの審査によって借り入れ額は慎重に判断されます。

メリット デメリット
・金利水準が低い
・手数料無料で使えるATMの種類が多い
・銀行の自動契約機はお金を借りているように見えにくく心理的にラク
・金利が低い分、消費者金融よりは審査が厳しめな傾向
・サービスによっては消費者金融と比べてスピード感ない
・無利息期間がないサービスがほとんど

お金を貸してくれるところに払う金利

銀行の金利相場と消費者金融の金利相場は、それぞれに異なっています。基本的には金利が低いのは銀行のカードローンです。消費者金融のほうが金利は高い傾向にあり、返済が長期化したり多額のお金を借りたりすると大きく差がつくかも知れません。

銀行のカードローンの金利相場は10.0パーセント~14.50パーセント程度となっています。ただし、中には銀行カードローンでもそれ以上の金利や消費者金融並の金利になっているものもあります。

消費者金融の金利は多くが17.80パーセント~18パーセントとなっています。18パーセントまでが消費者金融に許された金利であり、スピードや柔軟な審査で借り入れしやすい分高い金利が課せられます。ただし、消費者金融には銀行カードローンではあまり見ないサービスを持っている会社が多くなります。無利息期間というサービスは、一定の期間の借り入れに対して利息をつけないというもので、ほとんどの銀行では導入していません。無利息期間がついている場合には、短い期間だけお金を借りるであれば、消費者金融のほうがお得になるケースもあります。

お金を貸してくれるところの審査

消費者金融も銀行のカードローンも審査で信用情報を調べることになります。また、他社の借り入れ状況も調べることで債務超過による金融事故を防ぎます。そのために利用されているのは信用情報機関と呼ばれるものです。

信用情報機関は加盟している会社から情報を登録してもらい、その情報を他の会員会社に提供します。そのため、消費者金融や銀行はカードローンの申し込みを受けた時に自分の会社以外の借り入れ状況や過去の延滞、金融事故の有無などを知り、正しく審査を行えるようになっています。

信用情報機関には、CIC、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターがあります。これらはそれぞれに違った会員を持ち、その中で情報をやり取りします。ただし、金融事故などの情報は、お互いの情報機関の間でさらに共有されることになっています。

CICはクレジットカード会社の共同出資による機関であり、カード会社がもっとも多いと言われています。消費者金融系の会社は登録していないものもあります。日本信用情報機構は主に消費者金融系が多く、全国銀行個人情報センターは文字通り、銀行ローンの情報を取り扱っており、銀行が多く加盟しています。

これらの信用情報機関のデータは審査時のチェックポイントとなっており、消費者金融であれば総量規制に違反していないかを知る手立てでもあります。

・審査は何をチェックしているの?

カードローン、キャッシングの審査では、その人がお金を借りた後に正しく返済してくれるかどうかをチェックしています。返済するためには、安定した職業と収入があることが必要ですし、それ以外にたくさん借り入れしていないことも大切になります。

また、過去に返済できずに延滞したり債務整理などを行っていたりする場合には、再びそのようなことになるのではないか、と慎重に審査がなされます。

職業と収入の安定を見るポイントとしては、勤続年数や勤務形態があります。長く勤めている正社員や公務員がもっともよいと言われており、期間が短い、非正規雇用、フリーランス(個人事業主)などはマイナスポイントとされるようです。

また、現在の借り入れでは金額も見られますが、たとえお金を借りている場合でもスムーズで安定した返済が行われていると、プラスに働くことがあると考えられています。

・必要書類は?

申し込みの時に必要となる書類は、それぞれの会社によって違いがあります。基本的には、銀行、消費者金融ともに、保険証や免許証などの身分証明書が必要となります。また、クレジットカードの審査でも同じように書類の提出が必要となります。

・在籍確認の方法

在籍確認の方法として一般的なものは電話による方法です。クレジットカードの会社でも同じく在籍確認があります。銀行や消費者金融、クレジットカードとも、その担当部署の社員が申込者の会社に電話をかけます。電話の内容としては、申し込み当事者以外の人が出たら「○○様はいらっしゃいますか?」という問い合わせです。

実際に電話口に当事者が出なくても、返答の仕方で在籍が確認できたら問題ありません。ただし「いません」などのあいまいな返答の場合や、本人の会社が個人情報保護のために回答できない場合などは別の方法での確認を考える必要があります。

本人が電話口に出られた場合には、電話口で本人確認を行います。簡単なもので、生年月日を聞かれる程度です。

・在籍確認で会社や家族に、お金を借りることがバレたくない

在籍確認の電話は、消費者金融であれば個人名で行ってくれるため、基本的には会社にばれることはありません。個人事業主や自宅で仕事をしている人でも電話口では消費者金融の名前を出されることはありません。そのため、消費者金融からお金を借りることを他人に知られる可能性は低いといえるでしょう。

しかし、この電話のやり取りを他の人に聞かれることすら嫌う人は多いようです。そのため、消費者金融の一部では在籍確認の方法を相談によって書類提出のみで済ませてくれることも増えてきました。

また、最初から在籍確認を書類でのやり取りや、スマホを使って指定の書類を撮影してアップロードのみで行えるサービスを提供する業者もあります。

お金貸してくれる掲示板は使っちゃダメ

融資を募る掲示板などもあるようですが、そういったものは使わないほうが賢明です。法外な金利を請求したりする人もいますし、きちんと事業者として届け出を出していない闇金なども混ざっている可能性が非常に高いからです。

万が一、銀行口座の情報を書き込んでしまうと、強引にお金を振り込んで返済と金利を要求する押し貸しの被害に遭うことも考えられます。

また掲示板経由で直接会ってのお金の貸し借りに抵抗が無い人もいますが、犯罪に巻き込まれる可能性もありますので、掲示板で知り合った人に安易にあってはいけません。

「お金貸して」を英語にすると?

お金を貸してほしいと英語で伝えるには「Lend me some money」となります。

「lend」が貸すという意味ですので、私にいくらかお金を貸してくださいとなります。

お金貸してくれない時どうする?

友達や家族にお金貸してと頼んだのに貸してくれない時には、諦めるしかありません。金額にもよりますが、きちんと働いてお金を用意するのが一般的ですが、それができない場合には、カードローンや銀行融資なども検討しなくてはなりません。借りたお金を返すのは大変ですが、家族や友達の信用を一度失ってしまうと、それを取り戻すのはもっと大変な作業になります。

代表的なお金貸してくれる所は?

代表的なところを挙げるとすれば、主に消費者金融、銀行、クレジットカードになるかと思います。

一番、手続きがシンプルでスピード感があるのが消費者金融ですので、当サイトでも人気があります。銀行は金利は低めですが、多少審査が厳しくなる傾向にあります。大きな金額を借りて時間をかけて返済したい人におすすめです。

お金貸してと言う人の言い方

お金を貸してと無心してくれる人の言い方には特徴があります。

「親友だろ?」

「お互い様だろ?」

など一定の傾向があります。

人によって親友の考え方は様々ですが、私は親友であればなおさらお金を借りたくありません。友達を困らせたくないからです。親友であることを利用しようとしている時点で親友だとは思えなくなってしまいます。

お互い様だという人に限って、こちらが助けを求めても知らん顔するなんてことは誰にでも経験があるのではないでしょうか。このような言い方をする人も信用に値しません。

お金貸してと言われた時、断る方法

お金を貸してと言われたら、基本的には断る方が賢明です。

本当に信頼できる人がたまたま分にも事故や病気になってしまったとかであればともかく、本人がお金にだらしないことが原因で無心された時は断りましょう。

断る言い方は、感情に任せて言いたいことをズバッというのではなく、相手に逆恨みされないようにやんわり断る方が賢いです。

感情的になって怒りをぶつけてしまいたくなる気持ちはわかりますが、その時スッキリするくらいしかメリットが無いこ断り方といえます。

お金貸してと言われるのがうざい

確かにしつこいとうざいですね。相手との関係性にもよりますが、家族や身内などでなければ、わたしはしつこくてうざい無心なら関わらないようにします。

うざくて苛ついている気持ちはわかりますが、しつこく無心する時点でその人の人間性が怪しいケースが多いです。いくらこちらが正しいからといって感情的になって怒ったり、理屈で詰めてはいけません。そういうのは通用しない人たちです。うざいという気持ちはお察ししますが波風を立てないように穏便に終わらせましょう。

お金貸してと親に言われたら

親からお金を貸してと言われたら、私なら一度は貸してしまうかもしれません。やはり自分を生んで、育ててくれた両親ですから。

とはいえそれはあくまでも私の価値観であり、毒親だったり、ネグレクト、DVなどをする親であった場合は悩む方も多いでしょう。

散々つらい思いをさせられてお金を貸したくはないけど、血が繋がってるし・・・、というような状況もあるでしょうし、私には想像がつきません。

あとは原因次第でもあります。ギャンブルなどのであれば問答無用で貸しませんが、仕方ない理由があれば検討します。

お金貸しても返ってこない、音信不通になったら?

お金を貸したら音信不通になって帰ってこないのが当然と心得てお金を貸すようにしましょう。

キチンと契約書をを交わし、連帯保証人を付けて、親族や身内の連絡先も控えておいたほうが安心でしょう。

もちろん、身内などへの取り立てはいけませんが、音信不通となった本人との連絡ルートが完全になくなってしまうのはまずいでしょう。

万が一、音信不通になってしまった場合は、弁護士や探偵に相談するというのが一つの選択肢になってくるかと思います。

女も男もお金貸してという人はダメ

どうしても男女の恋愛感情や好き嫌いという感情があると、相手に対して甘くなってしまいお金を貸してしまいがちですが、基本的には正当な理由が無い限りは貸さないほうが無難です。

特に女性は好きな男性にお金を貸してしまいやすい傾向にありそうですが、貸したお金は返ってこないことがほとんどです。

結婚詐欺師などに引っかからない為にも、そのような精神は捨て去りましょう。

恋人(彼氏彼女)でもお金貸してはダメ

彼氏彼女といった恋人関係でも、しょせんは好き同士でくっついている関係であって、何かしらの契約があるわけではありません。

確かに彼氏彼女のような恋人に契約書や借用書を書けと言うのは気が引けるかもしれません。

しかし、やむを得ない事情があってお金を借りざるを得ない状況に追い込まれた恋人にお金を貸すことはあると思います。

その時に、契約書や借用書を嫌がるような恋人ならこちらから願い下げです。本当に相手のことを思うなら契約書や借用書くらいはスグに書けるはずです。

家族にお金貸してと言われたら

家族にお金を貸してと言われた時、どう対応するかは人それぞれですので、各々の価値観に合わせて応じるなり断るなりすればいいかと思います。

必ずしも家族と仲の良い人ばかりではありませんから断ることだって悪いことではありません。

ただし理由に関しては必ず聞いた方がいいでしょう。

ギャンブル依存症とか買い物依存症の家族に課したところで帰ってきませんし、根本原因を解決しないことには全く意味がないこともあります。

実際にお金を貸すかどうかは理由を聞いてから判断しましょう。

彼氏のお金貸してを断るには

彼氏からお金を貸してほしいと要求されることがあると、嫌われたくないという気持ちから貸してしまう女性もいますが、基本的にはそんな男に嫌われたっていいくらいの強い気持ちを持ちましょう。

もちろん、借りたい理由にもよりますが、飲み会のお金が無いとか、遊ぶお金が無いという理由なら貸す必要は全くありません。

兄弟にお金貸してと言われたら

血のつながった兄弟であれば、お金を貸してしまってもいいと思う人もいるでしょうし、兄弟思いの優しい方がそのような決断をすることも否定はしません。

しかし、兄弟にお金が無くなってしまい理由が浪費癖だったりする場合には、大切な兄弟の為にも厳しく接するというのも一つの選択肢といえます。

子供・息子にお金貸してと言われたら

長いこと親をやっていれば子供や息子にお金を貸してくれと頼まれることくらいあるでしょう。子供、息子の年齢にもよりますが、小学生くらいであれば、いい子にしていたらちょっとお小遣いを増やしてあげるとか、もしくはちょっと厳しく、次のお小遣いまで我慢するように言うといった方法があるでしょう。

既に息子が成人している場合は、基本的にはアルバイトや仕事をしてお金を貯めて計画的に使うように促すべきでしょう。急な事故の場合などは、子供を助けたいという気持ちを否定するつもりはありません。

親戚・身内にお金貸してと言われたら

親戚と身内にお金を貸してと要求された場合はどうしたらよいでしょうか。両親や兄弟なら貸すけど、親戚や身内だと迷うという人も多いのではないでしょうか。

私の場合ですが、病気で手術や入院費用などでお金が足りないという場合は検討します。

そもそも親戚や身内から話が回ってくるということは、もっと身近な家族や兄弟に断られている可能性もあるからです。家族や兄弟にお金が無いケースもありますが、既に断られている場合は、返済も難しいでしょうし、それ相応の理由があるケースが多いです。

男友達・女友達がお金貸してとしつこい

男友達や女友達がしつこいなんてこともあるかと思いますが、一回ならまだしもしつこいとなると、向こうはあなたのことを友達と思っていない可能性もあります。

本当に困っているからこそしつこいというケースもありますが、基本的には消費者金融にでも行けばよいし、消費者金融ですら借りられないくらいの信用なのであれば、それ以前からだらしないことが予測されますので、お金に対するだらしなさを直させる意味でも厳しく対処するという方法もあります。

職場でお金貸してと言われたら

職場でお金を貸してほしいと言われた場合、同僚ならお給料は似たようなものでしょうし、先輩なら多く貰っているでしょうし、後輩なら自分よりも給料が少ないなど、相手の給料がある程度想像できます。

家族構成により出費の額が違うとはいえ、おおよその給料がわかるので、本人がお金にだらしなくて無駄使いをしてしまってお金が無いのか、なにか正当な理由があるのかはキチンと見極めた方がいいでしょう。

職場の人間は毎日会うものですから、断るにしても穏便に逆恨みをされないような断り方がベターです。

知り合いにお金貸してと言われたら

知り合いといってもどの程度の知り合いかによって対応は異なってきます。とはいえ、家族なら家族と表記するでしょうから、知り合いという言葉からは、血のつながった人ではないということは想像がつきます。

知り合いにも幅はありますが、基本的にはそこまで深くない関係を指す言葉として使われるのではないでしょうか。

それであれば、無くなっても生活に支障がないくらいのお金を貸しても良いとは思いますが、自分の生活が破綻するレベルで貸してしまうのは問題があるでしょう。

好きな人にお金貸してと言われたら

好きな人にお金を貸してと言われたら払ってしまいたくなる心理はどちらかといえば女性の方が強いのかなと感じます。

しかし、その背景にあるのは相手の為というよりも自分が嫌われたくないという気持ちであることが多いです。

本当はお金を貸すことが好きな人の為にならないとわかっているケースであれば、断れる勇気も大切です。

先輩にお金貸してと言われたら

先輩にお金を貸してと言われたと聞くとカツアゲのようなものを想像してしまいますが、そのようなケースは当然断っていいでしょう。

学生が先輩に無心された場合、断るのはかなり勇気のいることですが、本来かしてあげる筋合いなんてありません。カツアゲなら。

そうではなく本当にお世話になっている先輩が真剣に相談しているなら多少は検討の余地もあります。

学生時代はお金がありませんし、本人の努力にかかわらず家庭環境なども大きな影響がありますから。

社会人になって先輩にお金を貸してと言われたら、同じ職場なら給料は先輩のほうが多いのが一般的ですから、そこは自分で何とかしてくださいとやんわり伝えるのが良いでしょう。

他人にお金貸してと言われたら

他人といっても幅がありますが、友達なら友達、親友なら親友、恋人なら恋人というでしょう。つまり他人と表現している時点で、自分にとってはさほど重要度の高くない関係の人と想像します。

もしそうなら、無くなってもいいという気持ちで本当に少額を貸すくらいにとどめておくのが身の為でしょう。

父親・母親にお金貸してと言われたら

これまで育ててくれた父親母親にお金を貸してと言われたら相当悩むことになりますよね。

もちろん、お金に余裕があって、お金を貸してほしい理由もある程度納得のいくものであれば貸すことはできるでしょうけれども、虐待やネグレクトなどのいわゆる毒親に育てられた人は心の中に葛藤はあるのだと思います。

父親・母親にお金を貸してと言われた場合の対処に関しては、それぞれの事情が違いすぎますので、あくまでも自分がどうしたいのか、どういう人間関係を築きたいのかということで決めるしかないのかもしれません。

友達にお金貸して逃げられたら

友達にお金を貸したけど逃げられてしまった場合はどうしたらよいのでしょう。まず逃げられた時点で、その人のことを友達だからといって、お金を請求することに罪悪感をかじる必要はないということです。

相手が本当にあなたのことを友達だと思っているなら逃げないでしょう。

もしお金を請求するなら弁護士なり、探偵なりに依頼指定場所を突き止めるなどの方法も検討するのもありです。

しかし、お金の貸し借りとは怖いもので、なぜか貸した側が悪者にされてしまうのです。逆恨みされて自分に被害が及ばないように事前の対策は必要です。

連絡先だけわかっている場合には、申し訳なさそうな文面で「友達にお金を請求するのは本当につらいけど、私も生活が苦しいから、弁護士を雇うことにしました」というようなメッセージを送って、悪気はないということを伝えることも一つの手段です。

ママ友にお金貸してと言われたら

ママ友との関係次第ですが、一般的にはママ友とは比較的浅い付き合いをしている人が多いですからその前提で話すと、お金は貸さないほうが無難といえます。

問題はそのあとで、そのまま友が面倒な人間であった場合、グループの中であなたを仲間はずれにしたりといった工作が行われる可能性もありますので注意が必要です。

どうしても貸すなら旦那の連絡先を聞いておくというのも有効です。もしくは、旦那と一でコンタクトが摂れる状態、つまり授業参観などのイベントで会う機会があるとか、自宅を知っているとか、そういった状況を作ることも大切です。

主婦がお金を借りる場合、旦那に内緒にしているケースが非常に多く、旦那にバレたくないから返すという人も多いからです。

元カノ・元カレにお金貸してと言われたら

いま付き合っている恋人なら、女性のほうが好きだから嫌われたくないという心理でお金を貸してしまいがちですが、元カレ元カノといった過去の恋人の場合、男性のほうが未練を残しやすい面がありますから、貸してしまうケースも多いのではないでしょうか。

女性は案外、サラッと忘れて次の恋に行けますから。

つまり男性が元カノにお金を貸す場合、また付き合えるんじゃないかという下心でお金を貸しても、期待通りの結果にはならないかもしれませんよということです。

元旦那にお金貸してと言われたら

元旦那ということは離婚をしているわけです。恋愛ではなく結婚を解消するというのは、相当な重い決断だったはずですから、それ相応の理由があって別れたはずです。

元旦那のことを嫌いになった女性も多いでしょう。

基本的にはお金を貸さない女性のほうが多い気がしますが、相手が子供を引き取った場合は、子供のためにという気持ちもわからないではありません。

お金貸してから連絡取れない

連絡が取れない場合は、探偵や弁護士などに相談するというのが選択肢に入ってきますが、そもそも返済してくれないと困るレベルのお金を貸す場合は、債務者の連絡先だけでなく周囲の連絡先も聞いておくことが重要かもしれません。